Barudan 工業用刺繍機のリーディングカンパニー

自動タオルヘム縫製機とは?

BEST SERIES とは?

Barudan BEST SERIES は、連続したタオル生地のパイルと平地の厚さの違いを検出し、まずその曲がり、歪みを矯正した後、1枚タオルに裁断します。次に、裁断した両サイドのヘムを同時に三つ折りし、ラベル挿入した後、その両サイドの縫製はJIS(JISL4105-1987)を基準に、本縫いミシンで縫製、返し縫い等の工程を全自動で処理いたします。
また、コンピューター技術により、犬耳の発生の防止や機械の小型化と簡単な操作を実現しています。
 

  • Towel Supply Section
    供給部

  • 供給部
     
    積み重ねられたタオルを、必要量だけ繰り出す。

 
 

  • Heater Section
    ヒーター部

  • ヒーター部
     
    タオル平地部のたたみジワを、アイロン掛けによって平地部を平滑にする。

 
 

  • Cutter Section
    カッター部

  • カッター部
     
    連続するタオルの平地部分を検知し、1枚ずつカットする。

 
 

  • Pile Detection Mechanism
    パイル検出部

  • パイル検出部
     
    連続したタオルの平地部とパイル部の段差を利用して検出し、
    文鎮爪でカット位置に止める。

 
 

  • Feed Roller Mechanism
    送りローラー

  • 送りローラー
     
    カット前にタオルが真っ直ぐになるようにタオル生地を送り微調整を行う。

 
 

  • Clamping Section
    つかみ部

  • つかみ部
     
    カッター部からタオルをつかみ、一定量を引き出す。

 
 

  • Feed Correction Mechanism
    矯正部

  • 矯正部
     
    タオルを下に決められた量を引き出しその時、部分的な曲がりを
    分割板バネによって矯正する。

 
 

  • Piece UPC Labeler (Option)
    ピースUPCラベル装置(オプション)

  • ピースUPCラベル装置(オプション)
     
    1枚ずつに用意されたUPCラベル(バーコードラベル)をヘム部分に挿入する。

 
 

  • Towel Transport Section
    送り部

  • 送り部
     
    カッター部、三つ折り部、縫製部と工程順にタオルを送る。

 
 

  • Three Folding Section
    三つ折り部

  • 三つ折り部
     
    タオルの両サイド(クロスヘム部)を当社独自のメカニズムにて三つ折りをする。

 
 

  • Piece Labeler (Option)
    ピースラベル装置(オプション)

  • ピースラベル装置(オプション)
     
    1枚ずつに用意されたラベル(ネームタグ)をヘム部分に挿入する。
    (ラベルのサイズに応じたラベルケースが別途必要)

 
 

  • Roll Labeler (Option)
    ロールラベル装置(オプション)

  • ロールラベル装置(オプション)
     
    ロール状に連なったラベルを直接カットしヘムの三つ折り中に挿入する。
    ラベルの多様化に対応。

 
 

  • Sewing Section
    縫製部

  • 縫製部
     
    三つ折り(及びラベル挿入)された両ヘムを本縫いミシンで縫製する。
    タオルヘム加工の最終工程で縫製後、そのまま完成品となる。

 
 

  • Stacking Machine (Option)
    整反機(オプション)

  • 整反機(オプション)
     
    縫製された完成品タオルをダースもしくはデカ単位で積み上げる。
    (1ダース:12枚,1デカ:10枚)

 
 

   

 

バルダン公式ウェブサイトに掲載されている内容は、予告なく変更する場合があります。