Barudan 工業用刺繍機のリーディングカンパニー

自動タオルヘム縫製機とは?

タオルのヘム縫いの説明

  • drawing
    picture
  •  ヘム縫いとは変な言棄ですが、ヘム(Hem)は端のことです。つまりタオル生地の端を縫って仕上ること、それがヘム縫いです。
      当社の機械で縫えばそれほど難しいことではありませんが、手作業で縫う為にはかなりの熟練が必要になります。その為、一部に外れて縫えていたり、返し縫いが十分で無くすぐに解けるタオルを見ることが有ります。
     タオルのヘム縫いはタオルの最終仕上げであり、製造上の終点でもあります。これが悪けれぱそれまでの苦労は報われません。丁度、「運動会のリレーや駅伝競走でトップでアンカーにバトンを渡したのに…」と行ったところでしょうか。
     当社のタオルヘム縫い機は美しい仕上がりと本縫いの細かな縫いピッチの返し縫いが完全自動で行えます。この為、日本国内はもとよりアメリカにおいてもホテル用を中心に非常に高いシェアをいただいております。
     堅牢で美しい仕上がりのタオルは長く使えます、そんなエコロジーなタオルを作ることは当杜の誇りでも有ります。
     
    PS. 一度、あなたの周りに有る「タオル」をよく見てください。

 

   

 

バルダン公式ウェブサイトに掲載されている内容は、予告なく変更する場合があります。